トップページ
▼2005年旅のコラム
01.あこがれの!?
  ローマ
02.これぞイタリア?
03.ゴッホが眠る街
04.迷走!?
  ポイントワイズ
05.女神遅れて現わる!
06.私流!
  旅の楽しみ方
07.ジェスチャーこそ
  共通語!
08.ウイーン風!?
  あれこれ
09.リッチョーネで
  遭難!?
10.ホテルバルチックの
  怪!?
11.Buonissimo!
  「IL CASALE」
12.合い言葉は『0,』
13.イタリア
  大停電の日!
14.私がイルカに・・!?
15.ラッキーな勘違い!!
16.えっ!
  チケットが ない?
17.チケットの奇跡!
18.チケットは偽物か?
19.不可抗力な
  ハプニング!!
20.ミラノ空港
  全力疾走!!
2006年の
旅のコラムはこちら
2007年の
旅のコラムはこちら
2008年の
旅のコラムはこちら
2009年の
旅のコラムはこちら
2010年の
旅のコラムはこちら
2011年の
旅のコラムはこちら
2012年の
旅のコラムはこちら
2013年の
旅のコラムはこちら
2014年の
旅のコラムはこちら
2015年の
旅のコラムはこちら
2016年の
旅のコラムはこちら
2017年の
旅のコラムはこちら
 最初のヨーロッパ旅行から愛用している赤い表紙のトーマスクックの時刻表は、まだインターネットで日本からヨーロッパの様々な情報を捜す事がポピュラーではなかった時代、私にとってなくてはならないものだった。(今でも電車で回る旅には必ず持って行く。)
 滞在都市のどの駅から何時に乗れば一番効率が良いのか。乗り換え時間も含め、夏休み休暇という限られた時間の中で、いろいろ旅したいと考えていた私にとって、ホントに頼もしい存在だった。
 滞在地によっては数時間で違う国に到達することも出来る。国境近くになると、建造物も言葉も料理も・・・様々な文化が入り混じってとても興味深い。「へぇーこの電車に乗るとこんなところまで行けるんだぁ。」旅行前の旅の企画もより楽しくなる。
 私は“旅”は3回楽しむものだと思っている。まずはどこへ行こうか、何をしようか、何を食べようか、何を買って帰ろうか、などとあれこれと旅の企画を楽しみ、そして本番。旅先の文化に触れ、向こうの料理をいただき、人との触れ合いに心癒され、思う存分旅を楽しむ。
 そして最後は、撮ってきた写真を眺めながら何度も思い出し笑い・・・。気分はすっかり、アドベンチャー映画の女流監督兼主演女優である。

Copyright (C) 2005 Animomano, All rights reserved.