トップページ
2005年の
旅のコラムはこちら
2007年の
旅のコラムはこちら
2008年の
旅のコラムはこちら
2009年の
旅のコラムはこちら
2010年の
旅のコラムはこちら
2011年の
旅のコラムはこちら
2012年の
旅のコラムはこちら
2013年の
旅のコラムはこちら
2014年の
旅のコラムはこちら
2015年の
旅のコラムはこちら
2016年の
旅のコラムはこちら
2017年の
旅のコラムはこちら
▼2006年旅のコラム
32.フィレンツェで
  ホームステイ-2
31.フィレンツェで
  ホームステイ-1
30.シチリア!
  アグリツーリズモ
29.陶器の街
  カルタジローネ
28.ロンドン初上陸!!
27.セリエAの迫力!!
26.初めての
  セリエA観戦!
25.スペイン料理の
  奥深さ!
24.心の贅沢
  パラド−ル!
23.憧れのレアル!!
22.中世の街並が
  息づく街
21.犬も人も
  暮らしやすい国

涙腺も緩むイタリアホームステイの始まり。
  翌日は朝から青空が広がっていた。「Buongiorno!」(お早うございます)朝食を準備してくれたミリアママに声をかけた。まだ頭が寝ぼけ気味だからやはり天気の話が無難だと「今日はいい天気だね。」と話し掛けると「久しぶりに晴れて良かったわ。」と微笑んだ。
  ブラッドオレンジジュースとエスプレッソ&ラテ(ミルク)のカフェオレ、それにパーネトスカーノ(トスカーナのパン)とチーズとマルメラータ(ジャム)。『イタリアの朝だ〜!』今回のイタリア滞在のテーマ”イタリアに暮らす”の2日目が清々しく始まった。
  その日は昨日の予定通りミリアママとバスでチェントロ(中心地)迄行き、まずはレプッブリカ広場の一角にあるデパート『La Rinascente』(ラ・リナシャンテ)へと向かった。ふたりで各階をあれやこれやとぶらぶら物色。デパートの最上階にあるBAR((バール)でエスプレッソを飲んだ後、ミリアがお気に入りの場所フィレンツェの街のパノラマが見渡せるデパートの屋上に連れて行ってくれた。ホームステイする人には必ず教えるスポットらしく「Bella Panorama! 」(きれいな眺めでしょう!)と連発していた。
  ミリアのそんなちょっとした心遣いと仕草がとても愛らしく思えて、来る前に抱いていたホームステイの一抹の不安は跡形もなく消え失せた。
  フィレンツェは4回目ということもありだいたいの観光名所は既に訪れていたので、次は私の大好きな場所メルカートチェントラーレ(中央市場)に行くことにした。ここも4回目になるがいつ来てもワクワクと心躍る場所だ。数々のカラフルな野菜や果物、ハーブ類にナッツ類、チーズやワインにオリーブオイル売り場も見逃せないが、macelleria(肉屋)には日本では珍しい食材、例えばconiglio(コニーリョ:うさぎ)やpiccione(ピッチョーネ:鳩)、豚の頭や鶏の頭まできれいにケースに並べられている。それはグロテスクというよりも芸術的だ!
 肉屋 ミリアママが「ヤスコ、食べたいものある?」私は即座に答えた。「ピッチョーネ!」うさぎは何度か日本でも食したことがあったが、鳩はまだなかった。ミリアママは鳩ニ羽とうさぎの肉、それにsalsiccia(サルシッチャ:ソーセージ)を何本か買った。この食材が滞在中の私の胃袋を満たすおいしい料理へと変身するのだ。
  ミリアママと別れイタリアに滞在中の友達と合流、軽く昼食をとりミリアママお勧めのスーパーマーケット I Gigli (イ・ジリ)にバスで移動した。さすがに大きい!入り口がわからず右往左往したあげく誰かに聞こうと振り返ると、なぜか私達にくっ付いてきた5〜6人のイタリア人までが右往左往していて思わず皆で苦笑い。だれかが「La!」(あそこ!)やっと入り口まで辿り着いた。
  まぁ中も広いこと広いこと!食品だけでなく雑貨や服飾品も多数あり、カフェもあるから丸1日いても飽きないだろう!広い店内を走り回りへとへとになりながらも全フロアを駆け足で見て回った。そしてなんとか帰宅予定時間夕方5時の15分前にはステイ先に戻れた。
  エプロン姿のミリアママが笑顔で部屋に入って来た。「どうだった?」荷物を置く間もなくつたないイタリア語での会話が始まった。「広いし、何でもあって・・・とってもおもしろかった!」満足そうに「そうでしょう!」とミリアママは言うと、間髪いれずに「Pronto! 準備できた?」(うーんちょっぴり休みたい!でも料理を教えて欲しいとお願いしたのは私の方だ。)「Si. Va bene! 準備オーケー!」慌ただしくエプロンを着け、ノートとペンそれにデジカメと電子辞書をかかえミリアママの待つ台所に入った。
  なんとテーブルの上には今日の夕食に使う材料がきれいに並べられている。そう!まさにミリアママの料理教室が始まろうとしていた。「うっ嬉しい!私のために・・。」フィレンツェ滞在中感動を覚えることがたくさんあり過ぎて、私の涙腺は常に緩みっぱなしとなる。(続く)


Copyright (C) 2006 Animomano, All rights reserved.