Animomano アニーモマーノ

トップページ
2005年の
旅のコラムはこちら
2006年の
旅のコラムはこちら
2008年の
旅のコラムはこちら
2009年の
旅のコラムはこちら
2010年の
旅のコラムはこちら
2011年の
旅のコラムはこちら
2012年の
旅のコラムはこちら
2013年の
旅のコラムはこちら
2014年の
旅のコラムはこちら
2015年の
旅のコラムはこちら
2016年の
旅のコラムはこちら
2017年の
旅のコラムはこちら
▼2007年旅のコラム
33.フィレンツェで
 ホームステイ-3
34.ロンドンの
 フリーマーケット-1
35.ロンドンの
 フリーマーケット-2
36.イタリア/
  修道院の宿
37.ネーラ
  ホームステイ-1
38.ネーラ
  ホームステイ-2
39.ネーラ
  ホームステイ-3
40.ドイツ-1
  フランクフルト
41.ドイツ-2
  ハイデルベルク
42.ドイツ-3
  ドルトムント
43.ドイツ-4
  フランクフルト2
44.ワールドカップ
  決勝戦

ドルトムントでの熱き戦い!悪夢の日本VSブラジル戦
  ドイツ滞在3日目。ついにその日が来てしまった。1敗1引き分け、おまけに第3戦の相手はあのブラジル。得失点差を考えてもかなり苦しい状況だ。でも1%でも決勝トーナメントに行ける確率があるのだから、「どうにでもなれ!」と開き直って死ぬ気で戦ってくれ〜!と願いつつ、この時既に選手もサポーターも満身創痍であったことは否めない。
  試合開始時間が夜の9時からということもあり、私達は昼少し前にフランクフルトを発った。その日は昨日までの爽やかな暑さとは打って変わり、風も冷たく体感温度がかなり下がっていた。半袖のユニホームの下に薄手の長袖フリースを着たが、それでも肌寒く感じるくらいに寒かった。私は首に日の丸の入ったマフラーをしっかりと巻きつけた。
  ドルトムントに到着したのは午後2時過ぎ。駅前は早くもジャパンブルーとカナリアカラーでごった返していた。もうお祭り騒ぎは慣れっこだったが、今目の前でサンバのリズムにのって躍っているのは明らかに対戦国ブラジル応援団だ。つまり、敵同士が同じこの地で向かい合っているわけだから、危ないと言えばかなり危ない状態のはず。でも2戦2勝、余裕のブラジルサポーターには、緊迫した様子は全く見られなかった。日本代表の監督が、神様と呼ばれたブラジルの英雄ジーコということも影響していたかもしれない。危険というよりも、なんとなく友好的なムードが流れていたような気がする。通りをブラジルサポーターと一緒に肩を並べて歩きながら、『それってつまり日本代表が見下されてるの?』と思うと、少し悲しくなった。
  私達はスタジアムに行くのはまだ早いからと、地下にあるバーでビールを飲みながら、ハンブルクで行なわれているチェコVSイタリア戦を観戦することにした。この時期ほとんどのレストランやバーでは、大画面のテレビでサッカー観戦できるのが嬉しい。毎日ドイツのどこかで強い国同士が戦っているわけだから、ワールドカップ開催中のこの1ケ月間は、サッカー好きにはたまらない日々だろう。ただそれも自分の国が勝ち続けていればこそ!開始時間あと3時間程に迫った頃、私達はバーを出てスタジアムに向かう人の群れに身を任せた。
  近代的なフォルムのスタジアムが見えて来た。日本サポーターとブラジルサポーターが仲良く写真を撮りあう姿も多く目にした。世界中のテレビ局のクルーが、おもしろい格好をしたサポーターを見つけてはカメラに映したりインタヴューをしている。胸の高鳴りを感じつつ、私達は緊張の面持ちでスタジアム内へと入っていった。
  そこは6万人ちょっと収容できるかなり大きなスタジアムだった。私の席がかなり上の方だったこともあり、観戦しやすいようにつけられた急勾配はけっこう恐い。でもやがてブラジル選手の練習が始まるとそんなことは忘れ、いつしか身を乗り出して食い入るように見ていた。選手登場、両国の国歌斉唱が始まった。そして、大歓声と共にキック・オフの笛が鳴った。 
  1年前のこととはいえ、試合内容にはあまり触れたくない。ただ前半34分に玉田が入れた豪快なそして完璧なシュートの後、あの太り気味のロナウドが前半のロスタイムで1点を押し込む迄の12分間だけは、心躍る良い夢を見させてもらった。その後のブラジルの怒濤の攻撃については・・・あれがブラジルの本当の実力だろう。
  夜11時をとうに過ぎ、より気温が下がり寒さが増す中、悪夢の地ドルトムントを真夜中1時25分発の電車であとにした。早朝4時45分フランクフルト着。私達の長い長い、そして辛い1日が終わった。日本代表の2006年ワールドカップもまた、終わりを告げた。(続)


Copyright (C) 2007 Animomano, All rights reserved.