Animomano アニーモマーノ

トップページ
2005年の
旅のコラムはこちら
2006年の
旅のコラムはこちら
2007年の
旅のコラムはこちら
2008年の
旅のコラムはこちら
2009年の
旅のコラムはこちら
2010年の
旅のコラムはこちら
2012年の
旅のコラムはこちら
2013年の
旅のコラムはこちら
2014年の
旅のコラムはこちら
2015年の
旅のコラムはこちら
2016年の
旅のコラムはこちら
2017年の
旅のコラムはこちら
2018年の
旅のコラムはこちら
2019年の
旅のコラムはこちら
▼2011年旅のコラム
62.小さな出会い-1
  ミラノ駅
63.小さな出会い-2
  トレノ(電車)
64.小さな出会い-3
  トレノ(電車)

ワインの香りが印象的な"出会い"に乾杯!
 その日イタリアのベルガモから乗ったミラノ行きの電車は、ほぼ満席状態だった。私の向い側の独り掛けの座席には、ベルガモ風景60代前半のブロンドで品の良いシニョーラ(マダム)が座っていて、私の右隣の席が空くと、おもむろに床に置いてあったワインボトルが二本入った包みを、そのイスの上に置いた。
 しばらくして電車が大きく揺れ、鈍いカチンという音。「まさか?」その予感は的中し、あたり一面にワインの香りが漂い始める。シニョーラは慌ててワインボトルが入った包みをイスからおろし、自分の足下に置いた。でも既に割れてしまったワインボトルの中味は、殆どイスの上に溢れてしまっていた。
 目の前のシニョーラが何か言いたそうな、悲しげな表情で私の方をじっと見ている。「残念ですね!」私はシニョーラに声をかけた。私が少しイタリア語を話せるのを知って気を許したのか、シニョーラは「ミラノの友達に持っていくワインだったの。この赤ワインはすごく高かったのよ」と愚痴をこぼした。BGのアルタの門
 私にも彼女の悲しい気持ちが痛い程伝わった。だから何か彼女を慰める言葉を言わなくてはと思いつつ、イタリア語のボキャブラリーが乏しい私の口から思わず出た言葉は、「残念だったけど・・すごくいい香り!」。彼女は笑いながら「そうね!でも酔っぱらっちゃうわね」。彼女の笑顔に救われた。
 そして電車が駅に停車する度に乗って来る乗客が、私の右隣の席に座ろうとすると、シニョーラは「ごめんなさい。ワインをこぼしちゃったから濡れてるの」と謝罪した。ただシニョーラが携帯電話で長電話を始めると、いつの間にか「ワインがこぼれて濡れてます」と言うのは私の役目になっていた。そしてその都度携帯電話を持ったシニョーラが「グラッツェ!」の気持ちを込めて私にウィンクをする。ミラノ迄の約一時間、BGバッサの教会私とシニョーラに奇妙な連帯感が生まれていた。私にとってワインの香りが印象的な、何とも微笑ましい出会いだった。


Copyright (C) 2018 Animomano, All rights reserved.