Animomano アニーモマーノ

トップページ
2005年の
旅のコラムはこちら
2006年の
旅のコラムはこちら
2007年の
旅のコラムはこちら
2008年の
旅のコラムはこちら
2009年の
旅のコラムはこちら
2010年の
旅のコラムはこちら
2011年の
旅のコラムはこちら
2012年の
旅のコラムはこちら
2013年の
旅のコラムはこちら
2014年の
旅のコラムはこちら
2016年の
旅のコラムはこちら
2017年の
旅のコラムはこちら
2018年の
旅のコラムはこちら
2019年の
旅のコラムはこちら
▼2015年旅のコラム
71.ロンバルディア州/
  クルゾーネ
72.イタリア湖水地方/
  ガルダ湖
73.エミリア・ロマーニャ
  州/パルマNew!

イタリア最大の湖、ガルダ湖を巡る。

ガルダ湖 5月22日、私はフローラと待合せをしてガルダ湖に向かった。私がイタリアに戻って来たらぜひ連れて行きたい、とフローラが話していた場所だ。ミラノに近く日本人にも有名なコモ湖をはじめ、オルタ湖、マッジョーレ湖、ルガーノ湖、イセオ湖、ガルダ湖などが点在するこの周辺は『湖水地方』と呼ばれ、イタリア屈指の高級リゾート地だ。そしてマントヴァの北に位置するイタリア最大の湖『ガルダ湖』は、東にヴェネト州、西にロンバルディア州、北にトレンティーノ=アルト・アディジェ州の3州にまたがり、バルド山やカルツェン山などの高い山々に囲まれた温暖な地中海性気候のため、昔から多くの芸術家を魅了してきた。私もコモ湖とイセオ湖の中間に位置するベルガモ滞在中に、ぜひ訪れたいと思っていた。
 フローラがガルダ湖周辺を車で巡ってくれたが、湖とは思えない広さに驚いた。そして車から降りてガルダ湖畔に佇むと、透明度が高く澄み切った湖水が太陽の光を浴びてきらめく美しさに、しばし言葉を失った。湖畔にはレモンやオリーブ、ヤシなどが茂り、遠くに見える向こう岸の山並みは、薄青のグラデ−ションになっていてとても幻想的だ。フローラが私をここに連れて来たかった理由がわかった気がする。
 歩いていると汗ばむ程の陽気だったので、私達は歩きながらジェラートを食べた。昔イタリア人に行ったアンケートで、イタリア人は老若男女を問わず週に4日以上ジェラートを食べると知り驚いたが、イタリア滞在中なら私もイタリア人になれそうだ。
 その後私達は場所を移動してランチを食べることにした。どこに入ろうかと店の看板を見ながらウロウロしていると、ドイツ料理店がやけに目に付く。フローラが歩きながら「あの人もドイツ人、あの人もドイツ人」と呟いていたが、本当にドイツ人だらけだ。北イタリアに来る度にドイツ人観光客が多いと感じてはいたが、北イタリアはドイツから程近く、温泉保養地が多い場所柄もあるのだろう。結局私達はドイツ料理を食べた。
 ベルガモに戻る途中、フローラがブレーシャ郊外にあるフランチャコルタのアウトレットに立ち寄ってくれた。ここも私を連れて来たかった場所らしい。時間が遅かったこともありウインドーショッピングだけで終わってしまったが、フローラが私をもてなそうとする気持ちが嬉しかった。念願の湖水地方の自然美を十分堪能した一日だった。ガルダ湖


Copyright (C) 2018Animomano, All rights reserved.