Animomano アニーモマーノ

トップページ
2005年の
旅のコラムはこちら
2006年の
旅のコラムはこちら
2007年の
旅のコラムはこちら
2008年の
旅のコラムはこちら
2009年の
旅のコラムはこちら
2010年の
旅のコラムはこちら
2011年の
旅のコラムはこちら
2012年の
旅のコラムはこちら
2013年の
旅のコラムはこちら
2014年の
旅のコラムはこちら
2015年の
旅のコラムはこちら
2016年の
旅のコラムはこちら
2017年の
旅のコラムはこちら
2019年の
旅のコラムはこちら
▼2018年旅のコラム
79.ドイツ/
 ミュンヘン@
80.ドイツ/
 ミュンヘンA
81.ポルトガル/
 ポルト@
82.ポルトガル/
 ポルトA
83.ポルトガル/
 ポルトB

 ミュンヘン3日目。明日のポルト(ポルトガル)行きの便が早いので、今日は空港近くのホテルに移動する。時間はたっぷりあるから、念願のFCバイエルン・ミュンヘンのアリアンツ・アレーナでスタジアムツアーに行く予定だ。13時の回は英語解説で見学できるので、早めに行ってFCバイエルン・ミュンヘンの公式ショップでもブラブラしようと、スーツケースを預けてホテルを出た。するとホテルの前で緑色のTシャツ姿の人を発見。思わずどこのチームのサポーターか尋ねると、セルティックとの答え。どうりで見覚えがあるはずだ。私が日本から来たと言うと、「ナカムラ〜、ナカムラ〜」と連呼された。そして何と!今日の夜、アリアンツ・アレーナでUEFAチャンピオンズリーグのセルティックVSバイエルン・ミュンヘンの試合があるという。昨日のマリエン広場でのお祭り騒ぎも納得だ。でも私にとっては大ショック!今からチケットが取れるはずもなく、悔しいかな試合日はスタジアムツアーの催行はない。アリアンツ・アレーナに入ることさえできない。それでも一目FCバイエルン・ミュンヘンのスタジアムを見ようと、U6号線でFrottmaning駅に向かう。駅からアリアンツ・アレーナへと続く道は、私達を含め数人が歩いているだけでのどか極まりない。(きっと夜は両チームの熱いサポーターで埋め尽くされ、熱気がすごいだろうな。)と想像してまた悲しくなった。
 マリエン広場に戻りノイハウザー通りをのんびり散策した後、お昼にお店のおすすめランチと白ワインを頂いた。おすすめランチは少し甘めでスパイシーな味付けの牛肉と、山盛りのフライドポテト。サックサクのフライドポテトは美味しいけどかなりの量だ。やっぱりドイツはポテトが主食の国だと思い知る。
 ホテルに移動するまではまだ時間があるので、私達はヴィクトアリエン市場をブラブラすることに。ヴィクトアリエン市場はミュンヘン最大の青空市場で、市場内に五月の木を意味する柱『マイバウム』が立っている。バイエルン州の風習で豊作を願って春に立てる『マイバウム』のカラーの青は空、白は雲、バイエルンの空を表しているという。市場内には生鮮食品やハチミツ、チーズなどの食材からワイン、花、雑貨、ビアガーデンまであるので市民の憩いの場にもなっている。
 夕方空港に移動し、空港内のFCバイエルン・ミュンヘンのショップで、バイエルン・ミュンヘンの大きなマークが入ったグレーのフード付きトレーナーを購入。スタジアムツアーが出来なかったこともあり、トレーナーを入れてくれたバイエルン・ミュンヘンのマーク入りの真っ赤な紙袋が嬉しくて、大切に日本に持ち帰った。
 空港近くのホテルにシャトルバスで向かう。乗り継ぎ客が利用するホテルだけあって、朝食が朝4時〜が良い。部屋も昨日までの極狭ホテルより広くて快適だ。明日はポルトガルのポルトへ旅立つ。朝は早いし昨日は朝方までセルティックの応援歌を聞かされ寝不足だから、スーツケースを整理し早めに就寝することに。きっとスタジアムはかなり盛り上がっただろうな? 試合結果が気になって、無料Wi-Fiに繋ごうとフロントで教えてもらったパスワードを入力し、何度もトライするが一向に繋がらない。気が付けばもう夜中だ。今日も寝不足は必至のようだ。



Copyright (C) 2018Animomano, All rights reserved.